まずは医療機関の受診

AGAを自力で克服するのは簡単ではない

髪は生え変わるサイクルがあるので、抜け毛は正常な状態でも発生します。ただ、抜け毛の本数が少しずつ増えていたり、細くて頼りない状態になったりしている場合は、男性型の脱毛症が進行している可能性を疑うべきです。
早ければ20代のうちから進行することもあるので、若いからといって抜け毛の増加や細毛化を軽く考えるのは止めましょう。男性型の脱毛症に対してはAGA治療を利用する対策が効果的です。ただ、AGA治療に抵抗を感じる場合は、自力での克服を検討することがあります。
AGA治療で用いられる飲み薬や塗り薬は自分で取り寄せることはできますが、何が起こっても全て自分の責任になりますし、薬が合っていないことも考えられます。そのため、AGAを自力で克服するのは簡単ではないです。

医療機関にてAGA治療を受けよう

自力でAGAを克服できたとしてもリスクは常にある状態ですし、困った時は一人で悩むことになります。しかし、医療機関を受診してAGA治療を受ければ、医師という心強い存在のサポートを受けながら改善していくことができるので、自力の場合よりもリスクは低いです。
また、困っている時は一人で悩む必要はなく、何でも医師に相談できます。使用する薬を揃えるだけなら自力の方が安く済ませられたとしても、AGA治療には安全性が加わるので、費用以外の面にも目を向けることが大事です。
AGA治療は髪の毛の状態に満足するまで継続することになるので、医療機関とは1か月や2か月ではなく、数年や数十年と長い付き合いになる可能性があるので、慎重に選びましょう。